私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
2011年春 オアフ島の旅
2011年4月29日〜5月5日

2日目
2011年春
怒涛の初日を終えて爆睡から目覚めれば、見事に晴れた 2日目の始まりであります。

現地時間2011年4月30日は世界的に土曜日です。 さてオアフ島で土曜日の朝にとる正しい行動を、 次の3つのうちから1つ選びなさい。

A フリフリチキンを探して巡礼の旅に出る

B 朝一からKCCの朝市へ行く

C アコモの除霊のため、お札を貰いに出雲大社へ出向く

振っておいて誠に申し訳ありませんが、収拾が取れない ので次に行きます。

つまりKCCへ朝も早い6:30より出かけました。はじめから 素直にそう書けば良いものを・・・・

正確にはKCC(大学)で毎週土曜日に行われている、ファーマーズマーケットの事であります。
到着すると、入り口にはポリスが出動して車の整理に あたっておりました。しかもパーキングに空きが無く、 奥へ奥へとやむを得ず進みます。やっと見つけた学生用のパ ーキング、朝市会場からは遥か離れておりました。

7時前だと言うのに、この賑わいいったいどんだけ人気 があるのやら、恐るべき集客能力であります。 嵐やSMAPでも早朝からこれだけの人は呼べんでしょう。

さて、色々書きましたが私にとって初めてのKCC、お初 とくればコレを食べねばなりません。

そう、かの有名なるフライド・グリーン・トメイト〜♪ 近所の婆さんは「とめ伊東」ってな具合であります。 今回はヅッキーニのフライも頼んで見ました。 そしてジンジャーエールも爽やかでありました。

朝から揚げ物と躊躇いましたが、全然OKで食べちゃいました。 さてKCCといえばDHです、次もお初のあの場所へ向いまする・・

次に向かった先は広大なダイヤモンドヘッドクレーター?です↓こちらもやはり今回がお初の場所であります。

駐車料金(5ドル)を払い車を停めて、さてさて登山のはじまりです。 登山道の入り口はさっぱりしたもので、日本の様に霊験あらたかな 山岳信仰の神を祭った○○神社なんてのはありません。 ↓なだらかに始るDH登山道の入り口です。

陽が高くなるにつれ気温も上昇し、汗が顎を伝います。 ガイドブック等では頂上までは約45分とか、大人の足で30分とか 情報がバラバラでした。でもなんか大変そうな事が書いてあり、 しんどいんだろうと覚悟しておりました。 途中にこんなヴューポイント↓も有り

適当に休みながらマイペースで登る事ができます。 昔(50万年前)は活火山だったDHですが、今は完全に活動を停止 しており噴火の心配はありません。

しだいに道は険しく狭く急になって参ります。頂上はまだまだ先、 ひたすら登り続けます。

登りはじめて約15分トンネルを抜けると突然海が・・・ そして灯台↓(Diamond Head lighthouse)も、え!もう頂上??

潜りのおじさんが登山証明を売ってます。やっぱり頂上や! 覚悟していた苦しい登山はどこ吹く風、余裕の登頂でありました。

登山は歯応え無かったでごわすが、眺望ば素晴らしかとです。

何度も言いますが素晴らしいパノラマを暫し堪能し、頂上で充分 休憩を摂り下山いたします。 登って休んでまた降りて、掛かった時間は正味45分でした。

本日のオマケ、ダイヤモンドヘッドで見つけた私のプチお気に入りです。

いたる所に有ったドラム缶のゴミ箱、このデザインが気に入りました。 そしてもうひとつ↓

昨年ハワイ島ワイピオ渓谷で見たのと同じ、赤いダブルハイビスカス。 フラミンゴ ハイビスカスとも言うようです。以上私的お気に入りでした。 さて次は、やはりお初のあそこへ行って名物スコーンを、戴こうじゃ有り ませんか!(八兵衛風・CR水戸黄門より)

Diamond Head Market & Grill/ウエルフェルミナライズへ

シンコデマイオ・ヒルトン花火 MeBBQへ、

111111