私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
2011年春 オアフ島の旅
2011年4月29日〜5月5日

3日目
2011年春
いよいよ最終日の朝であります、起きぬけのベットルームから眺める
この景色もこれが最後と感慨しきりの朝でありました。

帰国の朝のワイキキはご機嫌な天気です、あと2、3泊したくなる絶好の
日和であります。

ところが女心とハワイの空は変化が早い(朝食に出ようと準備を
している間に、糸を引いた様な雨に見舞われました。↓

南国特有ののシャワーってヤツですね、しかしこのシャワーとも暫く
お別れと思うと、またしても胸に迫るものがあります。

朝食に行く前にアコモのパーキングに停まっていた、クラシカルな
車を撮影しました。

60年代の臭いのするテール、さぞや名のある車とお見受け致しやした。

車を見物している間に雨も上がりましたので、ハワイ最後の朝食を
戴きにやって来たのが↓のお店です。

ワイキキで一番と堂々と言い切る、自信たっぷりのお店(しかも日本語で)
さてこのお店は一体、何処のなんと言うお店なのでしょう?
そしてワイキキで一番美味しいと自賛する、ロコモコの正体は・・・・

そのレストランの正体は↓ジャーン「ルルズ・ワイキキ・サーフクラブ」でした。

このお店で最後の朝食を戴きます。

案内された席は、ワイキキビーチを臨む爽やか場所でした。

しっとりした雨上がりの歩道が、趣をさそう風景であります。

そんでオーダーしたお料理がコレ↓

The Waikikian $10 ポテトと卵料理とパン 鉄板のアメリカン
ブレックファーストです。このポテトがサツマイモだったのが
またまた良かったです。食欲そそるひと皿でした。

さて、ワイキキで一番美味しいロコモコは↓

スミマセン、やっぱ朝からロコモコは重いでゲス・・(
オーダーしたのはApple-Cinnamon Pancakes $11です。
このアップルシナモンって、今回の渡ハで初カフェカイラして
からでハマりました。

めちゃ美味しいでっせ!適度な酸味が甘さを控えさせてる感じ
で私は大好きな逸品です。

お腹もイッパイになりましたので、チェックアウトまで、腹ごなし
の散歩を楽しみました。

カピオラニ公園のZOO前です、パームツリーやこの空の色とも
そろそろお別れです。

毎朝、ジョギングの人が通るこの路もお別れとなると哀愁のフィルター
がかかります。
てな訳で最後の散歩も終え、イヨイヨ空港に向けて出発です。

空港へ

甚六パシフィックへ

111111