私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
2011年クリスマス オアフ島の旅
2011年12月21日〜12月26日

4日目
2011年christmas

トップの写真は夜明け前のクヒオ通りデニーズの写真、しかも
2011年12月24日クリスマスイブであります。

数年ぶりに利用するハワイのデニーズで戴いたのは↓のメニュー

ファミレスの老舗、安定感抜群のアメリカのデニーズさんです。
オーソドックスすぎて余り話題に登らぬ、このお店です。しかし
朝食のお味はめぇ〜♪

いや失礼致しました、フワフワでホントに美味しゅうございま
した。ハワイに来たなら、一度は食べたい朝食のパンケーキなのです。
何度も云いますがクリスマスイブのこの日、アサ飯喰って部屋に戻ると
未明の雨に見舞われました。

ちょっとダークな気分になりましたが、出発時刻にはなんとか雨も上が
りこんな感じになりました。ヨカッタ良かった・・と

そんなこんなで、最初にやって来たのが、この場所です↓

めちゃ混みのパーキング、この画像だけでここが何処だか判る方も多い
事でしょうね。さすが皆様、筋金入りのハワイ通であります。

そうですKCCに来ちゃいました。 しかし見てください↓この混み方、どないでしょうか(

繰り返しますがクリスマスイブです朝8時30分です。やっぱり脅威の
KCC恐るべき光景でありました。

画像はめちゃ混みのKCCで見つけました殻付きマカダミアナッツ
のお店であります。

以前にブロガーのマハロパパさんの所で情報を得まして 今回クリスマスイブでも敢えてKCCに来た理由は、コレを買うため
でありました。言わば目玉商品、お目当ての逸品ってヤツですな(

ナッツが一袋5ドル、ナッツクラッカーが15ドルの合計20ドルでした。
クラッカーがちょいとお高く感じます。しかしコレはマカダミアナッツ
の為に造られた、最も有利なハードのクラッシュできるウンヌンなんで
すわ。まぁよう判らんけど日本語にすれば必需品と言う事なんでしょうな。
合わせて20ドルめでたく購入致しました。

それからやっぱりKCCと言えば、コレを飲まねば↓

Pacifikool 一口飲めば爽快な海辺の風が口の中を駆け抜けます。

そしてモッツアレラチーズとバジル香りがたまらんこのピザ↓

これが食べたかったのです、このピザはやはり最高で御座いました。
グリーントマトのフライには、ワイキキまで続きそうな長蛇の列が
出来ており、今回は断念いたしました。まぁ前回食べたし良いかなとも
考えました。

さて戦利品のこのお品、日本に帰ってから楽しみながら戴きました。
殻を割って、そのままナッツを食べる事が出来ます。
軽く火が通っているようでSLOW ROASTEDと書いてあります。
実に美味しく、ウイスキーの友としてはベストパートナーでありました。
個人的にお酒を召し上がる方には、お勧めでございます。

飲んだり喰ったりしていたら、なんとお帰りも凄い行列になっておりま
した。イブでも超過熱、超人気のKCCもはやファーマーズマーケット
とは言えません。

のお写真でも判るように
ダイアモンドヘッドに到着しました。と言うのも朝からデニーズ
でタップリ食べて、さらにKCCにて散々飲み喰らった為、多少
の調整が必要となりました。
登山道に入ったのがこの↓お時間

太陽も徐々に高くなり気温が一気に上昇して参ります。うなじの
辺りがジリジリと灼げて来ると、クールダウンが必要です。

実は一昨日のマカプウのトレッキングの経験を活かして、前夜来
ペットボトルをしっかり凍らせて参りました。↓

これを火照った首筋や腕周りに当たてるのです。こうやって涼を
とりながら登山を続けます。

狭い山道は登下山の人々でごった返しております。とは云っても
およそ半年前に登ったばかりのルートです。次の展開を予想しな
がら、ヒョイヒョイと登ってゆきます。

がしかしトンネルを抜け急な切り通し階段になる所で、5月に無
かった新たな路を発見!

まだ新しい手摺が新ルートと証であります、この路ならば狭く急で
ムシムシした切り通りを通らずに、爽やかな海風に吹かれ山頂を
目指せます。(

このエスケープロードにはちゃんとルックアウトも完備され↓

このような素晴らしい景色も堪能できます。

それにしても朝の大雨がウソのように晴れ上がった快晴の空で
あります。この日、この時にDHを訪れていた、私以外の多く
の行い良好な方々に救われ、その恩恵に与ったのありましょうや(

新しいく出来たエスケープロード(勝手に命名)を使ってホイホイ と到着したDH山頂です。

いつ来ても(2回しか来てない)国際色豊かな賑わいを見せる DH山頂でありました。国籍に関係なく皆さん笑顔がこぼれます。 6ヶ国協議とかはDH山頂で行なうと、好結果に繋がるやも知れません。
狭い場所でも皆さん譲り合いの心を持っておいででした。

間違いなく世界の絶景と云える景色を、充分に眺め降山いたします。

帰りもあのエスケープロードで、するすると降りて行きます。

本当は↓こんな狭い道を通るはずでした。新しい路のおかげで

少し登山が楽になりました。

超が付くほど天気が良かったのに、突然の雨です。しかも結構しっか
り降ってます。↓

さすが山ですね。天気がネコの目の様に変化します。あと5分登山が
遅ければ、あの絶景は堪能出来なかったかも知れません。しかも帰り
のクールダウンに雨は、むしろ有り難かったです。

しっかり登って景色を見て戻って来たら↓この時間

正味1時間ちょっとの登山でありました。カロリーの消費には、ちょ いと物足りぬトレイルでしたね。

前ページへ*******次ページへ