私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
オアフ島の旅
2005年11月29日〜12月3日

出発編
2005年冬プロローグ

ゴールデンウィークのハワイ旅行から数ヶ月の経った、ある夜のこと。
自宅のPCでJALサイトにアクセス、ログインしてみると、有効マイルが4万マイルを 超えていた。
現在ハワイへの往復航空券は、この4万マイルで特典航空券と交換が可能だ。
さらに来年になると、このうち18000マイルが消えてしまう現実がある。
爪に火を灯すようにして、こつこつ貯めて来たマイルである。振り返れば毎年惜しいところで4万マイルに手が届かず、 断腸の思いで消えて行くマイルを見送っていたのだ。
それが今年は奇跡的に目標マイルに到達したのだ、このまま使わずおくのは何とも惜しい。 ここは一番、思い切って航空券に替えてしまいたいと、強い衝動に囚われたのである。 そして今回、私をハワイへ駆り立てたのには、もう一つ理由がある。
それは極めて私的な事ながら、来年早々に結婚20周年を迎えるのである。我ながら勝手な理由と 思いつつも、仕事の進行に考えをめぐらせると、11月の終わり頃ならばハワイへ行けるかもしれない。
それでも関係各所には少なからぬ迷惑を掛ける事になるため、恐る恐る上司に確認を取って見る。 すると意外にもすんなり許可がおりた。

こうしてめでたく11月下旬の渡ハが決定した。 そうと決まれば早速無料航空券の手配である。他にもアコモやレンタカーなど、色々とやる事が多く、 がぜん忙しくなってきた。
まずはJALサイトから初めてマイルを使って、航空券を予約した。これがめちゃめちゃ緊張した。 と言うのも一歩操作を間違えば貯めたマイルが、水泡に帰すかもしれない。 自他伴に認める粗忽者の私である、ハワイのつもりが北京を予約なんて事だって充分考えられるのだ。 自己不安を抱きつつ慎重に、手続きを進める。PCを操る手も震え額に薄っすら汗がにじむ。
苦節の歳月と血のにじむような努力の積み重ねで、初めて手にした4万マイルであるから、 よもや無駄にはできないのである。
WEB上で手順に沿って手続きを始めると、なんと10月からマイル割引キャンペーンをやっている。 通常より20%も少ないマイルで航空券がGETできるでのだ。ラッキー! ああっ、なんと運の良い男であろうか思わず感涙に咽びそうになる。
しかし、そんなことで喜んでは居られないサービス期間と言うことは、それを目当てのライバルも多いと言う事に 他ならない。
気持ちを引き締め次に進む、目指す希望便に空席は、果して有るや無しや! いよいよその審判が下るのである。
出発日、出発地、目的地、帰国日等を慎重に記入し、次へをクリックした。 そこに現れたWEBページには、空席の文字がくっきりと表示されている。
やった!まるでパチンコで確変を引きあてた気持ちである。 しかしココで油断をしては一大事、はやる気持ちを抑えつつ希望便名のラジオボタンに記しをつけた。
空港利用税他の支払い手続きも無事クリア、ついにプリンターからeチケットの控えが排出された。 感激であった、約20分の格闘の末の成果である。その喜びは筆舌に尽くしがたいもので、便秘の末のトイレの ようなものである。

さてさて次はアコモの予約である。色々情報を収集するとビーチウォーク方面は工事をしているようである。
そのため、お気に入りのイリカイホテルは、今回に限り避けた方が良さそうである。
かと言ってワイキキの中心地のホテルはチョイ予算オーバー、しかし折角なので部屋からの景色にはこだわりたい。
つまりカラカウア沿いで、海もダイヤモンドヘッドも見える条件でお手ごろプライスの部屋を捜す・・・
ちょっと虫のよすぎる要求であるが、とりあえずネットで捜して見ることにした。
なかなか難しい条件なので、簡単には探せないと覚悟を決めて、まずはモーハワイ★コム
を開いて見ると、なんと有るではないか!
それはカラカウア通りの一番端に位置し、緑あふれるカピオラニ公園の横に位置する、あのホテル。
言わずと知れたPark Shore Waikikiである。 ココならば以前にも宿泊経験があり、勝手知ったるアコモでもあり、条件もピッタリだ。早速ネットを通して見積もりフォームを送信、部屋のカテゴリーはデラックス オーシャンビューを指定した。

ところが、待てど暮せど返事がない。たまりかねて問い合わせて見ると、返信メールのアドレスが自宅PCのサーバー拒否リストに 似ており、自動的に消去されていた事が判明。この間数日ヤキモキしたが、めでたくアコモも確保できた。ついでレンタカーもダラーへ 予約を入れて万事完了、後は出発を待つばかりとなった。まずは重畳

11/29出発編へ、
111111