私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
オアフ島の旅
2005年11月29日〜12月3日

2005年12月1日(3日目前編)


↑「LuLu's Waikiki Surf Club」朝の風景

ワイキキの朝は早い、さてさて今朝の朝食は滞在ホテルの2Fにある、アメリカンレストラン「LuLu's Waikiki Surf Club」にて戴くことにした。
早朝の蒼い空気の中、かつてレストラン・デニーズであったこの場所へたどり着いた。
ガッツリと食べ応えのある朝食は、昨日のコア・パンケーキハウス から連日のこととなった。
ハワイに来ると体重が増えるのは、このようなことが原因するのだろう。
LuLu's Waikikiの店内は、懐かしいアメリカンヒーローの 写真が飾られ、ノスタルジーを感じるつくりになっていた。そしてボリュームたっぷりの朝食も、我が旺盛な食欲を満たしてくれるのには、充分なものだった。


↑上段LuLu's Waikiki の店内
  下段 食べ応え満点の朝食

食後の軽い散歩を兼ね、DFSへ車むかった(どこが散歩やねん)しかし午前9時を少しまわったばかりの、DFSパーキングは
既に満車状態で、 立錐の余地無く車で埋め尽くされていた。仕方なくDFSは午後に廻すことにして、このままドライブへ出かけることにした。
まずはダイヤモンドヘッドロードを気持ちよく走り、途中のビューポイントで海を眺めると、早朝だと言うのに気の早いサーファー達が南太平洋の波を楽しんで いた。


↑DHロード・ルックアップより

いやいやしかし、何度も言うがハワイに来て海を見るならば朝に限る。そんなビューティフォーな景色と暫くさよならして、車はカハラ地区に入って来た。 数々の著名人の別荘が立ち並ぶ豪華な家並は、私の決して住むことのできない別世界である。そんな羨望の街を大きく右折してKALANIANAOLE・HWYに入る。 この道はH1から続く大きな道路で、入組んだ運河や入江を観ながら数本の橋を超えココ・マリーナに通ずる幹線道路である。ココ・マリーナといえば、その昔モーハワイ・コムの 川柳のコーナーに投稿し、ボツになったネタを想い出す。

ココマリで
ここまりおいでと
走るきみ

う〜んやっぱりイマイチ・・・
そんなこんなで、ココ・マリーナSCに到着してしまった。
白状するが、ココマリ来たのは初めてである。
大きなショピングセンターとは言えないが、 気持ちの良い風の吹き抜ける、素敵な場所であった。


↑ココマリーナ・SC
  

3日目後編へ、

111111