私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
ハワイ島・オアフ島の旅
2005年4月29日〜5月5日

現地時間2005年5月3日(5日目)
滞在5日目、久々にエッグスン・シングスへ行こうと早朝のカリアロードを急ぎ足で歩いた。 時刻は午前7時をまわったところ、フォート・デ・ルッシー米軍保養地の緑が眩しく、スプリングラーの 散水が時おり虹を造っていた。

ハワイアン・モナーク前の交差点を左に折れると、長蛇の列が目に飛び込んできた。
やはりエッグスン・シングスの人気は健在だっだ。だがとても待っていられない為エッグスンは諦めて、カリアロードを思いっきり戻り, ビーチウォ−ク辺りのマックにて朝食をとった。
エッグスンで食べ損ねたので、ホットケーキ&ソーセージセットを注文、せめて気分だけでもエッグスンといじらしく朝食を済ます。
隣のテーブルでは新聞を読みながら朝食をとっている、大柄な白人のおじさんがいた。朝のひと時を優雅に過す光景は、悔しいが我々より 絵になっている。しかしこのおじさんマックに来て飲んどるコーヒーはスタバ、だがそんな事は全く気にしていない様子なのだ。 店の人も普通に、このおじさんに話かけている。どうも常連さんらしいが、「ほんとにいいの?」と聞いてみたくなる。
ホテルに戻り、テレビを見ているとウトウト眠ってしまった。この間ポナペンはHHV内の撮影に赴いた模様である。
ものぐさな私はラナイへからワイキキビーチの風景を撮影し、再びゴロゴロと怠惰な時を過した。


オアフ滞在最終日ウダウダしていると旅が終わってしまう。何か有意義に過ごす方法は無いかと考えた。 そこでモーハオフィスへ行って編集長に、会うことに一方的に決めた。モーハワイ★コム
目的は出版したばかりの本 「行くべしハワイ島見るべしハワイ島」へ著者サインを頂くためである。
実は今回のハワイ島旅行では、ずいぶんとこの本に お世話になった。
そんな訳で本の実用報告と言う名目で、全く先方の迷惑を顧みない身勝手企画を実行した。
HHVへ宿泊するとDFSへの無料タクシー券が貰えるため、折角なので利用することにした。たまたま同じDFSへ行く日本人のご夫婦と同乗し、 あっと言う間に到着してしまった。
ついでなのでDFSでタバコを買いモーハオフィスへ向った、オフィスへ着くと残念なことに編集長は 不在であった。
諦めて帰ろうとすると、シンゴ21君をはじめスタッフの方々が編集長に連絡をとってくれた。 そのかいあって編集長は急遽オフィスへ戻って来てれる事になった。 なんとも恐縮な話であるが、モーハスタッフの読者を大切にする気持ちが素直に嬉しく思われた。
編集長が戻ってきたので、早速本にサインを貰い暫く雑談をしてモーハオフィスを後にした。
この日の編集長をいつになく饒舌で色々と話をしてくれ、楽しい時を過す事が出来た。
私が訪れた前日にモーハオフィスを、るいぽんが訪ねてきたらしい。イヤイヤ、モーハの皆様連日業務妨害を してすみません。


HHVのレインボーバザールで焼き鳥丼を昼飯に食べ、JALパックオフィスを訪れた。 明日は帰国日のためツアー集合時間を確認するためだ。張り出された予定時刻は驚愕に値するものだった。 モーニングコール3:45AM・荷物ピックアップ4:15AM!帰国便はホノルル発10:30AMJL079である。 いくらなんでも早すぎでしょう!なんと残酷なジャルパック。今度は絶対に個人旅行にしよう、と心に 誓うのであった。
時の経つのは早いもので、いよいよハワイ最後の夕食となってしまった。旅行の最後を 飾る夕食は、ハワイ在住の方々との夕食会である。会場はアラモアナパシフィックセンターに新しくオープンした、 話題のジャパニーズフード・レストラン「食堂」である。 ちょっと早目に着いてしまったので、ぽなぺんは店の外観を撮影に行ってしまった。仕方がないのでタバコを吸っていると、駐車場から ジュニア様が現れた。 「ハーイ元気!まだ、誰も来てないの?」と久しぶりに話すジュニア様は、かなり日本語が上達していた。 暫く2人で談笑していると、ぽなぺんが撮影から戻って来た。ジュニアファンのぽなぺんは私に先を越され、おおいに悔しそうだった。
その後、ぷ-さん・シェリーさん・つぼちん・たくやんなどハワイ在住の皆様が、続々と集まり、宴がスタートした。
さらに、プチさん・るいぽんも揃い賑やかな時間が過ぎていった。食堂は面白いレストランで、竹筒に入ったつくねやザルにドヒャと載った 豆腐等が人気なのだ。
こうしてハワイ最後の夜はふけて行き、盛り上がった宴も終わりとなった。ホテルまでジュニア様が送ってくれると言うので、 恐縮だがお言葉に甘えることにした。
ホテルまでの車の中、ジュニア様は未発売のCDを聴かせてくれた。曲はサザンの真夏の果実をウクレレアレンジした 作品で、なかなか良い仕上がりであった。この時聴いた真夏の果実の収録されたハーブオオタJrのCDが、今は日本で買うことができる。 とても癒されるアルバムなので、是非皆様も聴いて見ては如何だろうか。

↑ウクレレ〜アイランド・ハート/ハーブ・オオタJr. Dellaレコード・DH-1818 

充分にウクレレの音色を堪能しつつホテルへ到着した我々は、明日に備えて早寝が急務なのである。 しかし、名残惜しいハワイの夜景をこの目に焼き付けるように、いつまでもラナイでタバコを吸っていた私であった。


5/4帰国日へ、

111111