私にとって旅は心の栄養を与えてくれるもの 
ハワイオアフ島
2004年8月8日〜15日

五目ソバはダメよ
2004年8月13日(現地時間)

最悪の夜明けである。いつもならラナイにて爽やかな風と共に、朝の空気を堪能するはずが、 ベットの上で天井を眺めている。
旅先での発病は心細いものだ、唯一の救いは病気をして弱気になった自分に、
ホノルルの朝をやさしかった。
なんとかベットから這い出して、ラナイでタバコを吸ってみた。なんとタバコのまずい事。 ウイルス性腸炎は、禁煙には効果があるようだ。食欲は全くないが、何か食べないといけないと思い 昨夜買ったメローナを食べてみる、なにこれ美味しいじゃん・・・熱で火照った口の中を冷たいメローナが
流れ込んでくる。ぽなぺんが買ってきたてくいれた、胃腸薬を飲むと幾分胃がスッキリした。
後は体力を戻すために、ユン○ル系のドリンクが飲みたい。病気になって判った事が、ハワイには
この手のドリンク剤は売っていないようである。
昼になりRHSCの中華料理店のメニューにお粥があると聞き、出かけて見る。高級そうな中華レストランで
ウエイターに案内されるまま席につく、メニューを覗くとお粥が載っていない。 まさかと思いウエイターに、「おかゆ、お粥をくれ〜・・」と注文したが、彼は首を横に振るばかり。 アアッ何たること、お粥はガセネタだったのね〔涙〕こうなったら、何でも喰ってやる(半分ヤケ)と思い 五目ソバを注文してしまった。
出たきた料理は、エビにイカなど消化に悪そうなもの沢山乗ってている。
ええいままよ!とばかり五目ソバを完食して、ホテルの部屋に帰る。
勿論この後は地獄の苦しみが、私を待っていた事は、言うまでも無い・・・ ハワイに来て、ベットとトイレの往復以外遣ることが無いのは辛いものだ。 ここからはハワイ旅行記を返上して、ハワイ闘病記を書かねばならない。話は戻るが腸炎に五目ソバは相性が悪い、 やむを得ず食する時は、完食だけはしてはならない。これが私の得た教訓である。
*********
8/14へ続く、111111